C.CUBEの
SDGs

再生可能で持続可能な
経営・生活を

再生可能エネルギーにスイッチして、
クリーンな経営・生活を実現!

SDGs : 再生可能エネルギーにスイッチしてクリーンな経営・生活を

SDGsとは、「Sustainable Development Goals」の略称であり、日本語で“持続可能な開発目標"という意味になります。
SDGsは、2016年から2030年の15年間で達成すべき”世界共通の目標”として、貧困・健康と衛生・エネルギー・環境・平和など17種類の目標が提示され、 2015年9月に国連で開催された持続可能な開発サミットで国連に加盟している全193カ国によって採択されました。

私たちシーキューブも、地球のために、未来のために、真摯に取り組んでいます。


自分たちで使う電気は
自分たちでつくる :
太陽光発電+
蓄電システム

今後も燃料の価格高騰、調達困難が予想され、電気代の値上げ、電力の供給不足が予想されます。
FIT価格が下がっている実情もあるので、太陽光や風力を用いた発電+蓄電システムで作った電気を、自家消費に回す動きが加速しております。
電力の地産地消・自給自足であり、ピークシフトによる電気代削減も可能です。

シーキューブの社会貢献


フェアトレード製品 / 地域活性化活動

シーキューブのCSR(社会的責任)の一環として、フェアトレード(開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入)しています。

シーキューブはもう歩きはじめています。
ご一緒に。
Next Future


お気軽にお問い合わせください

TOP